TEL:052-791-2881診療時間 平日 9:00~11:30 17:00~19:30
土曜日 9:00~11:30 16:00~17:30
日曜・祝日 9:00~11:30
休診日 水・日曜午後・祝日午後

石川動物病院の方針

  • HOME
  • 石川動物病院の方針

石川動物病院のこだわり

飼い主さまと動物に真摯に向き合う診療

飼い主さまと動物に真摯に向き合う診療

視診・聴診・触診を大切に、飼い主さまのお話もじっくりお伺いいたします

視診・聴診・触診を丁寧に行い自分の感覚をフル活用しながらじっくりと動物に向き合い、また飼い主さまのお話もしっかりとお伺いいたします。飼い主さまが何気なく話されたことの中に、診断や治療に関する大きなヒントが隠されていることも少なくありません。だからこそきちんと時間をかけて、ひとつひとつ丁寧にお伺いするように心がけています。些細なことでも構いませんので、気づいたことや気になることがございましたら是非お聞かせください。

正確にきちんと伝える、何よりも誠実な対応を大切に

犬や猫の病気は、人と比べると原因不明や正しい治療法が分からないケースが多いと言う現実があります。当院では、原因が分からないときや治療の判断に迷ってしまうときにも、ごまかすことなく本当のことをきちんと伝える、誠実であることを大切にしています。きちんと事実をお伝えした上で飼い主さまと相談しながら、少しでもその子のためになる・飼い主さまが納得できる治療を行っていきたいと考えています。また、より専門的な医療が必要な際には、大学病院など適切な二次診療機関を迅速にご紹介いたします。

負担が少ない診療へのこだわり

負担が少ない診療へのこだわり

動物とのコミュニケーションを重視

不慣れな場所に連れて来られたり、知らない人にいきなり触られたりすることは、動物にとって大きなストレスになり、中にはさらに体調が悪化してしまう場合もあります。
だからこそ、できる限り負担をかけない優しい診療を心がけています。押さえつけたり嫌がることは極力行わないようにし、優しく声をかけ、目を見ながらそっと触り、コミュニケーションと適度な距離感を大切にいたします。
嫌がり怖がる時には何か理由があるはずです。様子をじっくりと観察し、その子が落ち着く診療を心がけます。

不必要なワクチン接種を減らしていけるよう、ワクチン抗体値検査を取り入れています

ワクチンの効果から考えてみると、体の中に抗体が残っていれば、年1回の接種ではなくもっと間隔を空けての接種でよいはずです。病気療養中やシニアなどの中には、ワクチン接種自体が副作用を引き起こすなど、負担に繋がってしまうこともあります。
当院ではワクチンの抗体値検査を積極的に取り入れ、事前に体内にどれくらい抗体が残っているかを確認。動物への負担を考慮し、できるだけ不必要なワクチン接種を減らしていくように心がけています。

できるだけ早く不調に気づき、命を守るために

できるだけ早く不調に気づき、命を守るために

定期的なご来院で、小さな異変を見落とさない

動物は「何だか気だるい」「ちょっと調子が悪い」と思っていたとしても、自分で病院に行ったり、周りにそれを伝えることができません。そのため、症状が現れ、飼い主さまが気づき、病院に行くタイミングでは、すでに進行してしまっていることが多いのです。
そんな動物たちの些細な変化にいち早く気づくためには、定期的なご来院がおすすめです。犬・猫ともに7~8歳からシニア期に突入しますので、できれば年1回以上の健康診断で体の状態を把握してあげましょう。今の状態をきちん知ることは、早期治療はもちろん、未然に防ぐことにも繋がります。

病気予防の観点から、避妊・去勢手術をおすすめしています

当院では、その子1代を飼う(子どもを産ませる予定がない)場合には、生後6ヶ月前後での避妊・去勢手術をおすすめしています。大きな理由のひとつは、オス・メスともに生殖器にまつわる病気を事前に防げること。腫瘍や膿が溜まってしまうなど、重症化しやすい・命に関わる病気もあり、それらを未然に防ぐことは命を守るために大切です。
メリット・デメリットともに丁寧にご説明しますので、遠慮なくお問い合わせください。

トリミング・ペットホテルサービス

トリミング・ペットホテルサービス

病気療養中やシニアの子もお任せください

かかりつけの子を対象としたトリミングとペットホテルのサービスをご用意しています。
病気療養中で体力に自信のない子、寝たきりの子など、通常のお店さまで受け入れが難しい子も是非ご相談ください。獣医師がすぐ傍にいる環境で大切にお世話いたします。

療養食を通販できる、ペットポータルサービスを導入

動物病院のみでの販売とされている療養食をより便利にご購入いただけるように、ペットポータルサービスを導入。ネット注文・ご自宅でのお受取りが可能となりました。ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

院長・獣医師 石川 雄一

院長・獣医師 石川 雄一

出身地
愛知県名古屋市守山区
経歴
麻布大学 卒業
趣味・特技
家族でお出かけ、ベンチプレス
今まで飼ったどうぶつ
なたね(トイ・プードル)
ミドタ(ミドリガメ)

獣医師になったきっかけ

祖父の代から続く歴史ある動物病院に生まれたこと自体がきっかけだと思います。物心ついたときには犬や猫など動物たちがいつも傍にいる環境で育ってきましたし、獣医師として動物と向き合う祖父や父の姿を見ることも多く、「かっこいい」と憧れ小学生になる頃には自然と獣医師を目指すようになっていました。
祖父や父と同様、地域の飼い主さまのために邁進してまいります。

獣医師 増田 祐次

出身大学・経歴
麻布大学 卒業
日本獣医生命科学大学全科レジデント修了
日本獣医がん学会認定・獣医腫瘍科認定医Ⅱ種
飼っている動物
ツナ(三毛猫)

看護師紹介

佐々木 美保
出身校 IPC学園
伊藤 万里奈
出身校 IPC学園
石川 智美
出身校 日本獣医生命大学
佐藤 駿斗
出身校 名古屋スクールオブビジネス

受付紹介

八木 真理子

アニマルスタッフ紹介

王子(雑種)♂

王子(雑種)♂

役職
癒やし系アイドル
趣味・特技
盗み食い
苦手
掃除機

メッセージ

若い頃に糖尿病になって、この病院に居候することになったんだ。猫では珍しい糖尿病性の白内障だけど、ごはんの音が聞こえたらすぐ駆けつけるニャ!今日もインスリンの注射をしてもらって、ごはんをモリモリ食べるニャン♪

モカ(雑種)♀

モカ(雑種)♀

役職
引きこもり
趣味・特技
人間観察
苦手
人間

メッセージ

や、夜間の動物病院で保護されて、な、流れ流れて、こ、この病院に辿り着きました。に、人間はとっても苦手で、さ、触られると緊張して固まってしまうけど、け、ケージ越しなら触られても、へへへへ平気ですよ。

コウタ(雑種)♂

コウタ(雑種)♂

役職
プリンス
趣味・特技
お愛想
苦手
イヌ

メッセージ

昔、お外にいたら交通事故に遭っちゃって、お尻を直してもらったんだけど、そのまま先生にお世話になってるんだ。
ゆったりのんびり過ごすのが幸せだにゃ~。

ディーン(ラブラドール)♂

ディーン(ラブラドール)♂

役職
無駄吠え
趣味・特技
お散歩
苦手
イヌ

メッセージ

食べることとお散歩と人が大好きなんだ!でも犬はちょっと苦手..。
よく、矢田川やすいどうみちを散歩してるよ!見かけたら声かけて遊んでくれたらうれしいわん!
おやつ食べすぎてちょっと太っちゃったからダイエット中なんだぁ~。

お兄ちゃん

お兄ちゃん

役職
メタボ
趣味・特技
ふみふみマッサージ
苦手
空腹

メッセージ

気づいたらここにいたにゃ。真っ白だったんだけど、いつのまにかベージュ色になってきたにゃ。
ここは食べ物がたくさんあって、おもちゃも箱もあってみんなにすりすりさせてもらえる。
だからお返しにみんなをふみふみマッサージするんだにゃ。みんなボクにメロメロだにゃ..!